頭痛ストレッチ.com » ブロック注射と変形性膝関節症について

ブロック注射と変形性膝関節症について

ブロック注射と言う鎮痛効果を持った注射がありますね。これをすることで、多くの病気の痛みやしびれを一時的に抑えることが出来るようになるでしょう。

だから、変形性膝関節症のような症状に効き目が在るように考えられますが、変形性膝関節症ではこの方法はあまりオススメ出来ませんので注意してくださいね。

ブロック注射は確かに痛みなどを抑えることができます。変形性膝関節症の痛みも抑えることが出来るでしょう。しかし、変形性膝関節症には問題が在りますので、控えた方が良いです。

確かに変形性膝関節症の初期段階などなら良いでしょう。痛みがない分治療や筋肉の強化などをしてもらえれば、膝への負担が減ることになります。

しかし、進行期である状態は、絶対にしないほうが良いですね。しても良いですが、初期段階や中期段階のように動くことはしないようにしてください。

なぜかというと、進行期は軟骨が完全に無くなり、大腿骨と脛骨が接触している状態です。この状態でブロック注射をしたとしても、痛みなどは一時的になるかもしれませんが、衝突をし続けている状態は変わりませんので、効果が切れた時に、かなりの激痛になっている場合がありますので注意してください。

あくまでも、初期から中期までの期間でおこなうのは良いですが、進行期はしないほうが良いですね。

ちなみに、中期でも軟骨が削れて少症状が進行する場合があります。だから、よく考えて治療法の選択をするようにしてください。

このように変形性膝関節症のブロック注射は注意しないといけません。下手にやってしまうと変形性膝関節症の症状を悪くするので注意してください。

また、このような痛み止めは使い過ぎないようにしたほうが良いでしょう。でないと効果が減りますので、効果のないやり方はしないほうが良いですね。