頭痛ストレッチ.com » 整体と接骨院の違い

整体と接骨院の違い

腰痛や肩こり、首の痛みやヘルニアなどを治してくれるところとして思い浮かぶことが多いのは、やはり整体であると言えるでしょう。

マッサージをベースとしたものでありますから、身体にあまり負担をかけずに痛みやコリを取り除き、ゆがみを治してくれるところとして人気です。

しかし、これと良く似たところとして「接骨院」と呼ばれる治療をほどこしてくれるところがあります。

これは整体とどのように違うのかと言うと、得意とする分野が違うこと、それから保険が利くか利かないかと言うふたつが大きなポイントになります。

まずはひとつ目ですが、これは病院で言うところの外科であったり内科であったりと言うような、分野によって担当している医師が違うように、整体と接骨院も分野が違うのです。

整体は整体士が経営している治療院ですが、接骨院は「柔道整復師」と呼ばれる人が経営しています。

この柔道整復士はどう言う人なのかと言うと、厚生労働大臣の発行した免許によって打撲や捻挫などの治療をほどこすことが出来る人のことを言います。

これに対して整体では治療は出来ず、あくまでマッサージや身体を整えるだけですので、ここがまず大きな違いであると言えるでしょう。

また整体では健康保険が使えずにすべてを自分のお金で負担しなければならないのに対し、接骨院では健康保険によっていくらか割引が利き、負担が軽くなると言うところが違いになります。

このように、保険が適用されるのかどうかと言うことと、治療が出来る内容の違いがこのふたつの特徴的な違いになります。

自分がどう言った身体のトラブルをかかえていて、それを治してもらうためにはどうしなければいけないのか、どこに行くのが良いのかと言うことを考えておかなければ恥をかいてしまうことにもなりかねませんので押さえておき、いざと言うときに役立てましょう。