頭痛ストレッチ.com » 原因について

頭痛の原因について

ストレッチで改善することのできる緊張性頭痛は筋肉のコリが原因となっているものです。では、その筋肉のコリはどうして起こってしまうのでしょうか。

デスクワークで長時間同じ体勢を取っていたり、肩に重いものをかけて持ち運んでいたりと、普段の生活の中で思い当たるものはさまざまあります。

しかし中には、これといって肩や首がこる要因は思い当たらないのに緊張性頭痛が酷いという方もいます。これは単に、そのことに自覚症状がないというだけです。

このような自覚症状がないもので多いのが、姿勢が悪い、首の骨がゆがんでいるという状態です。猫背などはわかりやすいですし自分でも意識しますが、首の方は皆さんあまり意識しないのではないでしょうか。

通常首の骨は緩いカーブを描いているのですが、これが真っ直ぐになってしまったストレートネックというものがあります。

こうなると、頭の重みによる負担が分散されないまま首と肩にかかってしまって、首や肩が酷くこってしまうことになります。また、ストレートネック以外でも、頚椎が正しい形になっていないと神経を刺激したり血液の循環が悪くなり、どんどん筋肉が緊張していってしまいます。

日常生活で、寝転がって本やテレビを見る時間が長かったり、枕の高さが合っていない、などというものも首の骨が歪む要因になります。

心当たりのある方は、普段から正しい姿勢を心がけるようにしましょう。とはいえ、デスクワークの仕事であれば長時間パソコンに向き合ったり座って書類を書くようなことになるのは避けようがありません。

しかし長時間デスクワークを続ける場合にも、定期的に小休憩を入れてストレッチやマッサージをするなど、対処方法はあります。

また最近では、背筋を伸ばしやすいクッションなども販売されていますから、これを椅子に置いて猫背を防止するというのもひとつの手です。

できるだけ、慢性化する前に頭痛は解決したいものです。頭痛に悩まされているという方は、改めて普段の生活を見直して予防対策をしっかりと行いましょう。