頭痛ストレッチ.com » 判別方法について

頭痛の判別方法

自分の頭痛はストレッチが有効なものなのかどうか、種類によっては冷やした方が良い、温めた方が良いと対処が真逆なので、その種類がわからないと対応するにも不安になってしまいますね。

ここでは、その判別方法について簡単にご説明します。体をほぐすのが有効な頭痛というのは緊張性と呼ばれる種類のもので、こちらは筋肉のこりと血流が悪くなることが主な原因です。

この種類の場合では、頭の後ろ側、あるいは横両方が痛むという場合が多いです。痛いというよりは、ずっしり重いというふうに感じる人もいるようです。

一方、ストレッチで悪化する可能性のある片頭痛では、どちらか片側だけが酷く痛むという場合が多いので、知ってさえいればその違いは明らかです。

他にも、緊張性の場合には継続して続く、締め付けられるような痛みが特徴です。片頭痛では心臓の鼓動に合わせたようなずきんずきんと言う痛みになりますから、こちらも感じ方の違いはわかりやすいです。

また、緊張性の症状では、痛みの頻度は人によって様々ですが、重症の人だとほぼ毎日痛いという状態で、慢性になってしまっていることも多いです。

緊張性は耐えられない程酷い痛みになるということは滅多にありません。たいていは、重苦しい、痛いけれど日常生活には問題ないというくらいです。

とはいっても、頭にのしかかる圧迫感や継続する痛みを抱えていては、集中して何かを行うのは難しいですし、仕事であれば集中できない分ミスも増えます。

幸い、緊張性の場合には原因は筋肉のコリだとはっきりしていますので、体を温めて血流を良くする入浴、整体やカイロプラクティックなど様々な方法で改善と予防を行うことができます。

また、身体的な緊張だけでなく、ストレスや疲労が原因となっている場合もあります。緊張すると体が硬くなる感覚は、誰もが覚えのあるものでしょう。

自分で意識していなくとも、ストレスが続けば知らぬ間に体が硬くなってしまっていることもありますので、ストレスや疲労を溜めこまない工夫というものも大切です。