頭痛ストレッチ.com » 脊椎変性すべり症

脊椎変性すべり症

脊椎変性すべり症は中年以降の女性に多い症状ですが、脊椎変性すべり症の好発場所は第四腰椎です。痛みや痺れといった症状があり、また重度になると下肢にも痛みやしびれ、重さ、だるさなどが起こります。

第四腰椎以外にも5つある腰椎はすべてこの病を発症する可能性がありますが、最もすべり症が多いのは4、あるいは5であると言われています。また第四腰椎の場合、椎間板の変性が強く、関節の突起部分がずれて痛みなどの症状が現れます。

すべり症の治療は痛みが腰痛のみである、比較的軽いものである、という場合には保存療法が用いられます。

コルセットを装着して部位をできるだけ固定したり、消炎鎮痛剤によって炎症を抑え、またブロック注射療法によって筋肉の緊張を解き、痛みの伝達そのものをシャットアウトする方法もあります。

ブロック注射は神経に直接注射をするために副作用がほぼないというメリットがありますが、その結果として自然な治癒の力を期待できます。脊椎変性すべり症の症状が進行してきますと外科的手術をすることが多いですが、神経を圧迫している脊椎の一部を切除したり、人工の靭帯を用いてすべりを抑えたりします。

すべり症のその他の自覚症状として臀部の痛み、そして長く歩けなくなることもあります。足の筋力が著しく低下していたり、感覚まで鈍くなることもあり、神経の異常も見られることがあります。

レントゲン撮影によって腰椎を横から見た場合、腰骨が前にすべった状態になっていて、前かがみになるとすべりがもっと強くなります。また正面から見た場合には椎間関節が厚くなって変形して見えます。

すべり症はレントゲンで様々な角度から撮影しても見えずらい場合もあり、MRI検査を実施することがあります。MRI検査では腰骨の内部にある神経の袋の圧迫の状態、そしてその程度なども映し出すことができます。また手術をするという場合にはCT検査によってより詳細な断面撮影の手法がとられます。

すべり症の手術はすべりを矯正すること、そして神経の圧迫を緩めることが肝心になりますが、矯正にはボルトなどの金属を用いて固定することもあります。また腰骨の神経の圧迫を緩めるだけの場合もあります。