頭痛ストレッチ.com » マンションと管理規約

マンションと管理規約

中古マンションをリフォームするには、そのマンションの管理規約を守らなければならないという制限がでてくるのをご存知だろうか?

マンションの管理規約とは、マンションの所有者でつくられている、管理組合というものの組合員となりその管理組合の決めたルールが管理規約となります。

ですから、マンション購入後リフォームするにあたり、どこまで可能で、どの部分が制限されるのか予め確認しておく必要があるでしょう。

また工事内容においては、管理組合の理事会に承認を得なければいけなかったり、その際には、工事プランの図面を提出しなければいけない場合もあるようです。

マンションのリフォームの際には「リフォーム費用を匿名無料で比較検討できる~リフォーム費用見積比較ナビ~全国対応~」などで信頼できる業者を探し、しっかりとマンション規約について話しておく必要があるでしょう。

次に管理規約にはどういった内容のものがあるのでしょうか?

マンションにより規約は違ってくるのですが、大体どのマンションにも共通してあるリフォームに関する管理規約をいくつかあげてみたいと思います。

まず、マンションでトラブルになりやすい原因の1つの騒音。音の問題ですね。

畳をフローリングにしたりと、床材をかえることで、下の階に音が漏れたり響いたりする可能性があります。

ですから、マンションによっては、この床材を指定してあるところがあります。

つぎに、設備機器を増やすと、電気やガスの容量をオーバーする場合も起こってくるようです。なので、これらの容量に制限をかけている場合があります。

そして、リフォームの際に必要な工事機材や機器の搬入、廃材の排出にあたっての経路もエレベーターが使えるかなど、ルールがあるようです。

また、リフォームには、近隣住民に騒音やにおいなどで迷惑をかける場合もあります。

なので、これらを解消するために、工事時間や日数、期間の指定がしてある規約もあるようなのです。

このような様々な管理規約という制限されるものがあります。

しかし、入居後、近隣住民とうまく良好な付き合いを保つためには、きちんと守らなければならない事なのです。

したがって、管理規約をしっかりと認識し、上手にリフォームしていくことが重要でしょう。