頭痛ストレッチ.com » 健康と耳鳴り

健康と耳鳴り

耳鳴りとは、実際には起こっていない音の変化に対して、リアルに感じてしまう状態です。また、これは病気ではなく、1つの症状であるといえますが、耳鳴りに悩んで場合によっては健康にまで害を及ぼされる方もいらっしゃいます。

特に短時間の間だけ起こるという方は多く、キーン、とか、シーン、という音がたまにする、という例など、さほど苦痛とも感じなくても、症状が進行するとストレスも溜まり健康を崩し、日常生活に支障をきたしかねません。

どのようにしてもその状況をコントロールできないと言う場合、耳の奥でその音が鳴っているという例はあまり多くありません。

耳の周囲や耳の後上部の頭あたりで鳴っているという方は多いですが、頭の中で聞こえるものを特に頭鳴りといいます。聴力が弱い場合はこの頭鳴りが起こるケースが多く、ヘッドフォンで聴くのとほぼ同じような状態になります。

原因については、まだはっきとしたことは掴めていません。この症状は音を聴く経路の中でどこか1つで健康が損なわれていたり、異常があると起こります。

また耳鳴りがある方の約9割の方が難聴を持っています。もちろん難聴の方すべてにこのようなことが起こるわけではありませんので、難聴が直結しているとも確定はできません。耳鳴りは耳以外の健康に障害がある場合も起こり得ます。

音を聴く機能を担っているのは内耳ですが、この内耳の代表的な病気が、メニエールと言われる病気です。眩暈が繰り返されたり、難聴なども特徴的な症状です。

このメニエール病はまた、内耳の中の内リンパと呼ばれる液がたまりすぎることで起こります。たまり過ぎるとストレスとの関係から自律神経にも関わっているといわれています。眩暈と発生したり、耳鳴りの音はブーンという音や、キーン、シャーなど、様々に変化してきます。

また耳の奥にある内耳と脳を結んでいる神経に腫瘍ができる場合がありますが、これを聴神経腫瘍と呼び、健康を損なう様々な症状が起こります。