頭痛ストレッチ.com » 椎間板ヘルニアと整形外科

椎間板ヘルニアと整形外科

腰痛を抱えている人の多くは、椎間板ヘルニアにならないかと心配になります。また、このままでは椎間板ヘルニアになってしまうのでは、と思ったら、やはり病院で検査を受けることが大切です。病院は整形外科が妥当です。

というのは脳神経外科でも椎間板ヘルニアを扱いますが、初期の腰椎椎間板ヘルニアの症状や、腰痛だけしか思い当たらないという場合は運動器の専門で診てもらったほうが検査などもスムーズになりがちです。

整形外科では、まず問診によって痛みの症状や経過、発生条件、日常生活での支障などをインタービューし、理学所見によって反応の検査や動作の具合、触診による感覚の検査などを行い、疑わしい病気をある程度特定します。

その結果と画像検査の結果との一致があれば、椎間板ヘルニアが確定診断されます。病院にすぐにはいけない、という場合もあります。この場合は、自己診断をすることで病院にいくタイミングを決定したり、その妥当な処置をしておくことも可能です。

椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛の症状を併発することが顕著ですので、臀部や太股の痛みや痺れの有無がまず確認されることが常です。

その他、歩行障害や前かがみの姿勢での痛みの程度、下肢の感覚障害などが主な症状です。自己診断をしながら、患部をできるだけ安静にすることも大切です。軟性のコルセットなどを装着すれば、腹筋と同じような効果があります。

整形外科での治療は保存療法、手術療法です。また、基本的な方法は保存療法です。これは、特に脱出型のヘルニアは自然に吸収されていくことが充分に考えられることに基づいています。

症状を進行させないように安静を基本として、急性期には特に痛みの緩和に重点を置き、慢性期では痛みを軽減させながら、リハビリを主体にするケースが多くなります。

整形外科以外での治療として、鍼灸やカイロプラクテイックなどが一般的です。痛みが緩和されてくると、併用して相乗効果を期待する場合も多くあります。