頭痛ストレッチ.com » リノベーションの間取り

リノベーションの間取り

リノベーションでは、築年数30年以上の老朽化マンションを扱うこともあります。もちろん概観は古いものですし、間取りの中で和室が幅を利かせており、バルコニー側も分断されていることが多いです。

特に団地と呼ばれるマンションでは、標準的な間取りは2DK、少し広いところで3LDKとなります。広さは50平米~70平米くらいでしょうか。

つまりこれらの間取りというのは、ごく標準的な日本の家族モデルを元に考えられた万人向けの間取りだということです。

そして、人口の多かった時代は、画一的な間取りを大量生産することで、コストダウンを図ってきたのです。現在、人々のライフスタイルは多様化しています。

特に核家族化が進んだ現在、結婚しない男女の存在も多いですし、老人の単身化、また、地方の過疎化等問題がたくさんあります。

リノベーションをする目的というのは、このような標準化に消費者・利用者が飽きて、それぞれの楽しみや生き方を追求できる場としての住居を重視するようになってきたからでしょう。

すべての人がそうではないですが、リノベーションを希望する人というのは、やはり何かしら自分らしさを求めての目的があるのではないかと思います。

もし、あなたもリノベーションを希望しているのであれば、リノベーション費用見積比較ナビで費用を比較検討してみてはいかがでしょうか?

そして、人は個性的だから、人それぞれの間取りがある、ということもできます。本来はそうでなければならないのですが、そもそも今までは普通の人は、選択できなかったといえるかもしれません。

例えば、リノベーションマンションでも使い勝手が悪かったり、需要のない部屋だと借り手がつかなかったりします。大多数のニーズに応えるのは非常に無駄だったりするのです。

やはり、住む人と建築デザイナーが、共同で間取りを決めていかないとせっかくのリノベーションが活かされなくなってしまいます。理想と現実の違いをお互いに認識しながらも、素敵な間取りを考えてみてはいかがでしょうか?

そうやって家族や恋人との生活をイメージしながら、語り合うというのもリノベーションという方法があるからこそだと思います。あなたも、リノベーションをして、素敵なお部屋を手に入れてみてはいかがでしょうか。