頭痛ストレッチ.com » 頚椎ヘルニアと再発

頚椎ヘルニアと再発

どのような病気でもそうですが、やはり根本的な治療をしなければまた症状がぶり返す可能性は高くなってしまいます。またよく言われるのが、病院での治療は対症療法であり、一時的な緩和策でしかない、ということです。

頚椎ヘルニアでも、病院では薬物やブロック注射などを試行しますが、痛みがなくなってしまえばもうこっちのもの、というわけには行かず、多くの方が日常生活に復帰してすぐに再発を起こして、どのように改善していくか悩んでいます。

では根本解決とはどのようなことをすればいいのでしょう? 手術でしょうか? 手術ではヘルニアを摘出しますが、その後すぐに他の椎骨のヘルニアが出てしまったという例も少なくありません。

つまり病院での対症療法で解決したら、もう1つ根本治療をする必要があるとも言えます。ここでまず注目したいのが、背骨のゆがみです。

背骨は多くの方が歪んでいると言われ、現代社会ではゆがみも習慣病であると言えます。ゆがめば椎間板への負担が正常時の何倍も増えますし、ヘルニアも発症しやすくなります。

では背骨のゆがみをどうすればいいのか、といえば、まず筋肉を鍛えてゆがみが起こらないようにする必要があります。背骨をまっすぐにする効果もあります。

もちろん時間がかかりますが、トレーニング法として特別な方法を用いる必要もありません。また頚椎ヘルニアの原因となるゆがみには整体やカイロプラクティックなどもお勧めです。

特にカイロプラクティックは背骨の専門領域とも言えますが、筋肉や骨に対してソフトで痛みのない治療をするため、高齢者や女性にもお勧めの治療法です。

その他には正しい姿勢を保つこともやはり重要です。姿勢が悪化するとよくない、また運動をしないのもよくない、ということは病院でもアドバイスされることですが、治療を終えるとどうしてもサボりがちです。

もう痛みやしびれもない、と安心してばかりもいられません。辛い痛みが二度と起こらないように、しっかりと予防する努力を維持することが肝心です。