頭痛ストレッチ.com » 変形性膝関節症と靴

変形性膝関節症と靴

変形性膝関節症では、様々な療法を試行して痛みを軽減し、また運動によって症状を改善することが大切です。

足元、つまり靴を利用した変形性膝関節症の療法としてよく使用されるのが、足底板です。足底板とは足の底の部分に取り付けるための中敷のことですが、外側が多少高めになっていて、膝が悪い方は膝が曲がって蟹股になってしまうため、外またに矯正するために、外側を高くします。

つまりがにまたを、x脚に矯正することができます。履くだけで後は歩くだけですので、とても使用しやすい変形性膝関節症の治療法として、多くの方が利用されます。

朝から寝るまで装着すれば変形性膝関節症の改善効果はとても大きくなりますし、外出時には特に変形性膝関節症への効果が期待できます。また室内用のものもあります。できるだけ装着するようにして、外出する用事が無くても、散歩などをして足を慣らすという方も多くいらっしゃいます。

このようなリハビリ法、改善法はとても効果的ですが、最近は、靴底の部分にちょっとした切り込みを入れるだけで変形性膝関節症の発症、また症状の進行を防ぐ効果がある、というような興味深いアイデイアが、アメリカのリウマチ学会で報告されたそうです。

足の動きが増し、変形性膝関節症を悪化させてしまう原因となる膝の内転モーメントが減るそうです。実際に患者さんを対象として、歩行テストなどを行い、違いをも試したそうですが、細かい数値データによってその効果が明らかになったそうです。

その方法は、靴底に十字の形で切り込みを入れる、というもので、また靴の性質によっては切り込みの入れ方が変わります。

変形性膝関節症は、放置すれば症状は必ず悪化していきます。始めは痛みが弱くても、たかをくくらずに少しでも早い治療が大切ですが、特に肥満のある方にとっては、このような治療法が最適だといえます。

市販のものでも効果はありますので、どのような靴を選べばいいのか、という時に色々な知識を使えるようにしておくと便利です。