頭痛ストレッチ.com » 五十肩と寝る姿勢

五十肩と寝る姿勢

五十肩の特徴的な痛みに、夜間痛があります。つまり、夜になって寝ているときに痛さが増しますが、これは昼間の疲れによるものであると言われています。

肩の可動域が減少している状態で肩を移動したり、無理なストレスをかけた場合は特に痛みも増します。夜間痛がある間は、眠ることはほとんどできません。

腕のやり場に困っている状態が多く、どこに置いても同じようなものなのに、それでも対処法が見つからないのですから、やっかいであるにせよ、腕を置き場を探すこともしょうがありません。

このような場合、痛み止めをうまく利用することが大切です。医師からは夜間痛に対する薬剤を処方してもらうことが多いですし、市販のものや座薬なども効果があります。

また急性期はアイシングが大切ですので、氷枕などで冷したまま眠るという方法も多く取り入れられています。

また急性期にはこのように対処方法を探し当てるのもなかなか難しいものですが、慢性期になると姿勢を工夫することで改善できるようになります。

基本としては、横向きであれば、痛みがあるほうの肩は下に持ってきてはいけません。また、仰向けであれば、痛みがあるほうの肩が下がると痛みますので、もっと上のほうに来るようにクッションなどを敷いておくのが妥当です。

その他には痛みがあるほうの肩をバンドなどで固定すれば、おかしな方向に移動してしまうのを防ぐことができます。

また、五十肩の予防に大切なこととして、横向きで睡眠をとると五十肩にかかりやすいと言われています。整形外科の医師にもそのようにアドバイスする方が多いようですが、仰向けに寝ていれば五十肩にはならない、と言われる場合もあります。

仰向けで睡眠をとるのは普通の状態ですが、例えば太っている方はなかなか仰向けでは眠れないとも言われています。

仰向けで寝ていても、夜中に目が覚めたときに横向きだった、という方も多いようですが、矯正のコツは、より広いスペースをとること、とも言われています。