頭痛ストレッチ.com » すべり症の治療期間

すべり症の治療期間

腰椎分離すべり症は一定の治療期間というものが定義されているような病気ではありません。手術によって患部を固定する場合には入院することになりますが、この場合は2週間ぐらいの期間が入院の目安でしょう。

しかしその後のリハビリなどはもっと長くなります。この期間を短くするためにどうすればいいのか、と気になる方も多いようですが、必ず言われることは早期の発見、そして早期の治療がもっとも重要だということでしょう。

腰椎すべり症の治療が遅くなればその分すべり症の症状も拡大することが多くなります。できるだけ安静にすることも早期改善の大前提ですが、痛みがあまり無いときに軽い運動をしたり筋肉を鍛えることで全身のバランスをよくすることもすべり症の改善に効果的です。

水中歩行運動などはとてもよい運動です。水中での浮力によって腰に負担がかからず、その状態で筋肉を有効に鍛えることが可能です。肥満のあるかたは痩身することで筋肉の負担を軽減することができます。

腰椎分離すべり症は腰椎すべり症の一つです。椎骨が前方にずれた状態で、腰椎の変性がその原因です。腰痛が主な症状ですが、放置したり刺激を与えたりすることで坐骨神経痛や間欠性跛行などの症状にまで発展する場合もあります。

特に激しい運動をすることによって腰部、または臀部が重苦しく、だるいような感じで傷み、安静にしたり仕事を控えめにすることで傷みは軽減されます。

好発部位は第五番目の腰椎ですが、もともとすべりやすい形状になっていることからその確率はかなり高くなっています。

すべり症の治療方法は基本的には保存療法になります。薬物療法では非ステロイド系の抗炎症剤、ビタミンB剤、ビタミンE剤、消炎鎮痛剤などで症状を和らげます。また温熱、体操、コルセットなども主な方法です。

すべり症の傷みを取るためにブロック注射を用い、血行を改善し、様々な自然治癒を期待することもあります。保存治療ではほぼ効果がみられず、日常生活に支障がでるほど重い症状がある、という場合には手術が検討されます。